FC2ブログ
Entry Navigation

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

電子書籍って、買った人います?

今日は電子書籍の紹介です!




 次々と壁を飛び越えていく人と壁にぶち当たってしまう人の差は?

 以前から、私は日本人は論理に弱い、論理力を身に付けなければならないと警鐘を鳴らしてますが、今日は一歩先を行って、右脳を使って、日本人の弱点である論理力を補う方法をご紹介します。

 論理力は主に左脳を使います。論理力の弱い日本人が左脳ばかり使っていても、欧米人には敵いません。

 また、東大等の日本でいうところの一流大学を経て官僚になっても、問題解決能力はありません。

 彼らエリートが次々と問題にぶち当たり、何の解決もできないのに、学歴のない田中角栄や松下幸之助、本田宗一郎等は、次々と成果を出し夢を実現していきます。

 何故なのか?

 例えば、自分の事として考えてみて下さい。

 2年後に年収1億円になろうって、論理の組み立てで考える事ができますか?

 あるいはUFOを作ろうって、論理の組み立てで考える事ができますか?

 松下幸之助も本田宗一郎もUFOを作るのが夢だったらしいです。

 彼らは何を考えてたんでしょうか?

 おそらく、空飛ぶ円盤が自由気ままに空を飛んでいる姿を、鮮明に克明にイメージし、そこから論理を組み立てていったのではないでしょうか?

 田中角栄も、自分のイメージする日本の将来像があり、それを実現するために、論理力のある官僚等を使っていったのではないでしょうか?

 年収1億円もらっている自分の姿が詳細にイメージできれば、それを実現するのは可能なのではないでしょうか?
 そして、それが見えれば、非常にモチベーションがでる。やる気がでるのではないでしょうか?

 イメージできる事は、人間は実現できるのです。
 ただ、そのイメージをぼんやりしたままにして、行動を起こさないから実現できないのです。

 こうなりたいって感情も右脳の働きの1つです。

 だから、成功体験の多い人はポジティブな性格になるし、失敗の多い人はネガティブな性格になります。
 この本とは違う本ですが、以前紹介したピーターセージの「自分を超える法」に、目標を小さくしろというのがありました。

 目標を小さくして、次々と実現していき、成功体験を増やして下さい。

 鏡の前で、俺はできるとつぶやいて下さい。ツイッターでもつぶやいて下さい。

 そしてやる気を出した上で、成功イメージを発展させ、それを詳細にしていって下さい。そして左脳と右脳を行ったり来たりして、イメージと論理の整合性をとっていく。

 成功する方法なんていくらでもある。
 でも、考え方やマインドセットが間違っていたら、はなから成功なんてしない。

 本の内容とだいぶずれてしまいましたが、電子書籍って安いですね。

 ダウンロードで500円!

 出不精な人にはもってこいのシステムです!

 ぜひ、やる気を出して、右脳を鍛えて、夢を実現してみて下さい!

ランキング参加中!2つともクリックしてもらえると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
category
自己啓発シリーズ

論理的思考法の身に付け方!




多少テクニカルな本ではありますが、交渉力アップに十分役立つ本だと思います。

この作者は外人なので、私的には、前回ご紹介した「営業マンはお願いするな」の方が日本人作者であり、
実際に売ってきたスーパー営業マン自身が書いている為、しっくりはくるのですが、
論理的な思考法が苦手な日本人が論理力を身に付ける為のノウハウ本としては、価値ある
1冊と思います。

内容的には、簡単に書いてあるようで、奥が深く、実践するには相当なやりごたえがあります。

ビジネスはもとより、恋愛、家族間、学校、会社内等様々な人間関係の中で効果を発揮する
コミュニケーション能力が身に付きます。

高校生でも十分読める内容なので、高校生から社会人まで読破した上で、実践してもらえればと思います。
アマゾンマーケットプレイスで1円で売っているので、是非読んでみて下さい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
category
自己啓発シリーズ

営業マンはこうでなくっちゃ!




私の恩師の口癖の一つに、「客に媚びるんじゃね~!ぶち込め」っていうのがありました。

とあるマンションディベロッパー出身のバリバリの営業マンなので、言葉は荒いですが、
要するに、1戸3000万円以上もする様な一生の買い物をさせるのに、客に媚びる様な
奴では売れないという事を言いたいのです。

1000円、2000円の代物なら人が良くて好感を持たれれば売れるかもしれませんが、
3000万円以上する様なものは、客から頼られる様な自信満々な奴じゃないと売れない。
これは、いろいろな経験を積む事によって理解できました。
ただ、駆け出しの営業マンは、断ってきた客のところに何度も行かせる上司に嫌悪感を抱いたり、
売れないのは商品が悪いせいだと、自分以外のせいにする様な心理に陥ります。

でも、自分に売れない商品を簡単に売ってしまう人間は世の中にたくさんいるんです。
じゃあ、自分は売れないのを人のせいにしたままの人生にするのか、何でも売ってしまう、
会社のエースになる人生を選ぶのか。

後者の方は、この本の読んでみて下さい。

作者は営業をこう定義づけています。

営業とは、
自分がよいと信じた物を
相手のために
断りきれない状態にして
売ってあげる
誘導の芸術である。

このフレーズを見て私は身震いをしました。
あと、20年早くこの本と出会いたかった。
でも、今からでも遅くない。
売れる営業マンになれれば、リストラされないし、そもそも会社に所属する必要なんてありませんよ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
category
自己啓発シリーズ

今現在のバイブルはピーターセージ




私が、この本と出会ったのは、経営に行き詰まりを感じていた時でした。

ふと見た日経新聞の広告欄に法則1「成功の心理学」「成功は80%の心理学と20%のシステムまたは戦略から構成される」
いうフレーズが書いてありました。

その時、アイデアが浮かばず、戦略・戦術ばかりが頭を占めていた自分に、そもそも自分の心理状態は
物事を考えるに適した状態になっているのかと、不安が頭をよぎりました。

考える事ばかりが増えているけれども、行動が伴っていないのではないか。
今、考えている事が、本当に重要な事なのか。
優先順位が間違っていないか。

一旦、自分の心理状態を自己分析し、それから経営の事を考え直した方が、急がば回れになると思い、
広告を読み進めると、
法則2「お金の作り方」
  「リストラされない働き方」
  「資金ゼロで起業する方法」
  「お金を使わずに新品ベンツを手に入れる方法」
法則3「リーダーシップを高める」
  「時間管理の方法」
  「感情のマスター法」
  「人間関係のマスター法」
法則4「世界観を作る」
法則5「10倍楽しくなる文章術」

等々、魅力的なコピーが続き、居てもたってもいられず書店に走り出したのを覚えています。

現在、この本は私のバイブルとして、弱気になった時や、考えが煮詰まった時に、読み返しています。

古本でも出始めているかも知れませんが、この本は新品を買って、寝る前休憩時間等に読み返すと
非常にポジティブな気持ちで仕事をする事ができますよ。

ちなみに、社会人を前提に文章を書きましたが、大学生もしくは、高校2年生ぐらいから読んでも将来役立つと思います。
ただ、読んだだけではだめですよ。この本にも書いてある通り、行動を起こさなくては!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
category
自己啓発シリーズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。